skip to Main Content
日本がカジノギャンブルを合法化

日本がカジノギャンブルを合法化

日本ではカジノギャンブル合法化に関する激しい論争が、長い間繰り広げられてきました。2000年代初頭から合法化の動きはありましたが、2015年に法案が提出され、2018年に成立しました。これは、日本で初めてのカジノ関連法案となります。すでに、そのうちのカジノの1つに関しては入札が終わっています。日本におけるカジノ合法化を受けて、他国も後に続くことが予想されます。ゲーム業界における日本の評判などを総合的に考慮すると、日本が今後新たなギャンブル大国になっていくことが予想されます。

ギャンブル:

日本には古くからギャンブルが存在しています。その起源は6世紀に遡りますが、その後、ギャンブルにとっての厳しい時代も経験しています。驚くべきことに、第二次世界大戦後の深刻な経済の落ち込みに対処するため、日本はギャンブルを活用しました。以前は競馬、競輪、Toto(トト)、宝くじ、オートレース、公営競技など、あらゆるギャンブルが違法だったのです。日本初のカジノが誕生しようとしている現在、国内のギャンブル事情はまた大きく変わろうとしています。

風適法23:

風適法23条により、公的、私的を問わずあらゆるギャンブルが禁止されています。カジノギャンブル法案が成立したことを考えると、この法律は廃止される可能性が高く、他のギャンブルも合法化されていくのではないかと思われます。

統合型リゾート(IR)推進法:

2000年以来の長い戦いを経て、統合型リゾート(IR)推進法案が2018年に可決されました。同法案は、IR形式でのカジノギャンブルの規制と合法化を認めるものとなっています。カジノ建設については最初の入札は終了していますが、残り2つについてはまだ入札が終わっていません。同法案では、カジノの建設地も指定されています。

 

制約:

日本におけるカジノ建設を議論する上で、議員たちがまず懸念したのは依存の問題でした。この問題に対処するために、地元住民のカジノへの入場に関しては様々な制約が設けられています。そのため、地元住民は週3回、あるいは月10回までしかカジノを利用することができません。また、入場料として6,000円を支払う必要があります。こうした対策により、依存症を防止しようとしているのです。

カジノ管理委員会:

日本のカジノはIRという形で建設されます。これを監督するのはカジノ管理委員会です。同委員会は、ライセンスの剥奪、業界規制、問題への対応、ガイドラインの発行といった権限を持っています。また、同委員会は政府の外部機関でもあります。

カジノ管理委員会

入札:

カジノは特定の場所に建設されます。現在までに5社がライセンス申請を行っていますが、認可されたのは大阪での運営が認められたMGMのみで、他企業は他の2つの建設予定地での運営権獲得を狙っているという状況です。

まとめ:

2018年の法案成立により、今後、日本におけるカジノ建設が期待されています。ゲームの一大中心地としての評判を考えると、日本が今後新たなギャンブル大国になっていくと予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *